ヘアサロンの広告配り

ヘアサロンのテ広告配りをやっている店員さんって、やっぱり人を選んで渡しているのでしょうか。
駅前やショッピングモールの入口で配っている、ヘアサロンの割引券などが付いた広告のことです。
道の端と端にそれぞれ広告を手にした店員さんが立っていて、その間をワーッと人の流れが通り過ぎてくと、「お願いしま~す。」「美容室で~す。」と渡していく模様。

配っている人の様子を見ていると、人を選んで渡しているようなのです。
コンタクトレンズや飲食店のように手当たりしだい渡しているのではなく、確実に客になるであろう人を見極めて渡しているようなのです。

他の広告にしても、住宅街の中のスーパーで分譲マンションの広告を渡しても意味が無いし、小中学生に選挙の高校を渡しても捨てられてしまうだけでしょう。

広告は配る場所と相手が重要なのです。ただ、ヘアサロンの広告だけは、もらえないとちょっとへそを曲げてしまいます。
前にいた若い女性は広告を渡されていたのに私はもらえなかった。
私しか通っていないのに渡されなかった。などなど。

「うちの客層には合いませんよ。」「その髪じゃ、ヘアサロンなんて興味ないでしょ。」なんて判断されているのではないかと、思ってしまうのです。

食べログの集客に効果的な食べログ更新代行→http://zenta.tv/tlog-koshin/


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ