ヘアサロンに行く目的に

私は定期的にヘアサロンに行きます。
もちろん伸びた髪をカットしたり、カラーしたりする目的で行きます。
しかし、ヘアサロンに行くと話を聞いてもらいに来ているような人がたくさんいます。

主婦っぽい人がやたらと子供の自慢話をしていたり、サラリーマン風の人が自分の休日のことに熱く語っていたりします。
美容師さんたちはとても聞上手な方が多く、うれしそうに話を聞いています。
相槌も上手です。

今の時代は美容師さんは技術だけでなく、話を聞く能力も必要なのでしょうか。
実際、美容師さんと話してリラックスしたり、気分転換をする目的もあってヘアサロンを訪れるお客さんは多いと思います。
それはそれで別にいいと思います。

しかし、本業はへアーカットやカラーやパーマなどの技術なのに不思議なことです。
技術がある人よりも話のうまい人の方が指名が多いのかもしれません。

私はヘアサロンではあまり話したくない方なので、むしろ無口な美容師さんを好みます。
向こうから質問してくるタイプとかは苦手だったりもします。
本当に施術に集中して、カットなどを丁寧にしてくれる美容師さんが好みです。

私がお金を払いたいのは美容師さんの技術に対してだからです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ